菅野智之の愛犬を徹底解説

巨人戦の視聴をするなら!!

巨人戦の試合がネットで視聴出来ます。

外出先でも巨人戦を見たいなら!!

おすすめを紹介します。

巨人戦をネットで視聴してみよう クリックで移動!!

菅野智之選手は愛犬を飼っているのでしょうか?

 

愛犬を飼っていたら徹底解説してみたいです。

 

実は実家にトイプードルを飼っているそうで月に一度は忙しい合間をぬって会いに行くというほどに犬を愛しているようです。

 

そして何といってもこの愛犬家の心からくる気持ちの表れとして「日本介助犬協会」に1勝毎に10万円の寄付を行っているそうです!

 

今回はそんな菅野智之選手の愛犬家っぷりを徹底的にご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

菅野智之の愛犬を徹底解説

写真はイメージです、菅野選手の飼っているトイプードルではありません。

 

菅野智之選手は現在、実家にトイプードルを飼っているそうです。

 

中学2年生の頃から飼い始めたそうで、今では14歳か15歳くらいになっておりおばあちゃん犬ですが、まだまだ元気だそうです!

 

犬の15歳というと、人間でいうところの80歳~85歳であると言われており本当に長く愛されて育っていることが伝わってきますね!

 

実家を離れた現在でも、月に1回くらいは会いに行くそうで、シーズン中の忙しい時間をぬってでも会いに行きたいと思うほどにいとおしい存在であることがわかりますね。

 

スポンサーリンク

菅野智之と愛犬

出典:https://www.nikkansports.com/baseball/news/1440126.html

 

菅野選手は愛犬家としての一面もある選手で、盲導犬への援助も行うほどに犬を愛しているという印象ですが、意外にも幼少期には犬が苦手な少年だったそうです。

 

小学2年生の頃に、祖父の家で豆柴を飼い始めたそうで、はじめは仲良くしようと思っていたそうですが、子犬がじゃれついてくる際の甘噛みが怖くて触る事も出来なかったと言います。

 

今では日本のエースとして、世界に噛みついていく存在でありあのパワーたっぷりの攻撃的なピッチングをする菅野選手からはちょっと想像もつかないですね。

 

しかし、ずっと一緒にいるうちに懐いてきてくれて、だんだんとかわいく感じるようになってきたそうで、遂には自分の実家でも犬を飼い始めるようになったそうです。

 

実家のトイプードルとの距離感がとても心地いいそうで、自分が落ち込んでいる時にそばに寄り添って甘えてきてくれる。

 

そんな場面で「もしかすると自分の気持ちを察してくれているのかな?」と感じるようになるそうで、これも自分の勝手な思い込みかもしれないけれど、「察してくれているかも」という距離感に居てくれることがとても嬉しいそうで結果的に励まされているそうです。

 

このことからも菅野選手が落ち込んでいる時や辛い練習を乗り越えられてきたのも、この実家の愛犬に癒されていたからこそなのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

菅野智之の介助犬育成支援のボランティア活動

出典:https://s-dog.jp/interview/special01/

 

多くメディアに取り上げられる機会が多いのがこの、「介助犬育成支援のボランティア活動」を行っている菅野選手の姿です。

 

菅野選手がこの介助犬育成支援のボランティア活動を開始したのは2015年でプロ3年目の事でした。

 

菅野選手が行っている支援活動は、「勝ち星1勝につき10万円を介助犬協会へ寄付する」というもので、2018年シーズンにはクライマックスシリーズでノーヒットノーランを達成した際に着用したユニフォームの売上も加えて、285万円の寄付をされました。

 

人と犬との絆が最も深いと感じられるものの一つが、この支援の理由の一つと言っており、介助犬の知名度もまだまだ低いという現状もあり、自身にできる事を考えたそうです。

 

菅野選手は知名度も抜群の伝統ある巨人軍に所属しており、日本のエースと言われるほどに活躍していてその影響力は絶大なものがあるといえます。

 

そんな菅野選手は情報を発信する事もできるという立場にあるからこそ、自身が信じる介助犬の必要性や人の絆を伝えていきたいと考え支援を行っているそうです。

 

今まで介助犬支援のボランティアに関心がなかった人でも、菅野選手に触れこの活動に関して少しでも興味や関心を持ってくれれば自分にとっても誇らしい事に繋がると言っています。

 

菅野選手の言葉や行動であれば本当に心に響きそうです。

 

菅野選手自身が愛犬家であるという事もとても伝わってきますし、犬と人との絆に助けられた菅野選手だからこその行動なんですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事を簡単にまとめさせていただきます。

 

・菅野選手の愛犬は実家にいるトイプードルで現在は15歳にもなるそうです。

 

・菅野選手が落ち込んでいる時にも結果的に癒され、救われていたそうです。

 

・菅野選手は2015年の自身が3年目の時から「介助犬支援協会」に寄付を行っています。

 

菅野選手の愛犬家としての一面は本当に言葉よりも行動で、試合で1勝利上げるごとに、10万円もの大金を寄付しています。

 

こうする事で、自身が活躍し結果を出す喜びを支援する団体みんなで喜ぶことができますし、なによりその結果によって寄付を行う事で介助犬たちの必要経費や運営費に使用する事ができます。

 

菅野選手の愛犬家という気持ちも同時にしっかりと伝わってきますね!本当に愛犬に救われていて、愛犬との絆も深いんだと感じることができますね。

巨人戦の視聴をするなら!!

巨人戦の試合がネットで視聴出来ます。

外出先でも巨人戦を見たいなら!!

おすすめを紹介します。

巨人戦をネットで視聴してみよう クリックで移動!!

スポンサーリンク