炭谷銀仁朗の太ももって何が凄いの?

巨人戦の視聴をするなら!!

巨人戦の試合がネットで視聴出来ます。

外出先でも巨人戦を見たいなら!!

おすすめを紹介します。

巨人戦をネットで視聴してみよう クリックで移動!!

炭谷銀仁朗の太ももって何が凄いの?って思った事ありませんか?

 

とにかく凄く太くてたくましい太ももをしていますよね。

 

炭谷銀仁朗選手は元西武ライオンズの捕手で、2018年にFA権を行使して読売ジャイアンツに移籍しました。

 

プロ野球でも長く活躍してきた経験を生かしたプレーと、その安定感でチームにはなくてはならない存在といえます。

 

そして、そんな炭谷選手の太ももが凄い!と話題になっていて、いったい何が凄いのか?どうして凄いのか?など炭谷選手の太ももに関する記事をご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

炭谷銀仁朗の太ももって何が凄いの?

出典:https://hochi.news/articles/20190112-OHT1T50029.html

 

炭谷銀仁朗選手の太ももが凄いと話題になっていますが、いったい何が凄いのでしょうか?

 

結論から言うと、炭谷選手の太ももは太さが凄いです!

 

プロ野球選手の中でも炭谷選手ほどたくましい太ももを持っている選手はそうはいないと言われており、天性の体格の良さに日々の血のにじむような努力が垣間見えるほどの太ももの太さです!

 

ちなみに炭谷選手の太ももの太さは67cm~68cmで、68cmといえばグラビアアイドルのウエストと同等くらいの太さがあります。

 

ウエストで68cmは細くてナイスバディといえますが、プロ野球選手で太もも68cmはさすがに驚きますね!

 

スポンサーリンク

炭谷銀仁朗選手の太ももの凄さ

出典:https://insight.official-pacificleague.com/news/1234

 

その恵まれたたくましい太ももは西武ライオンズ時代の埼玉西武キャンプでお馴染みとなっていると言われる、まさに過酷を極めるという言葉がよく似合う捕手強化練習で特にその存在感を発揮します。

 

まずは内野ノックでゴロをさばく練習、一般ではこれにより既に足腰が悲鳴を上げてしまうと言います。

 

続いてバント処理、あまり広い範囲を移動するわけではありませんが、俊敏な動きと、正確なスローイングが求められ、これまた下半身の安定感がないと成立しません。

 

次いで、ブロッキングです

 

これは手前でバウンドした球を体で止めて前に落とす動きを繰り返す練習になります。

 

防具をしているとはいえ、硬球ですから…簡単な練習ではありませんよね。

 

もはや拷問の域に達しているような、聞いているだけで恐ろしい練習ですね。

 

さらに防具を外した後は、地獄の股割り練習です。

 

コーチが一定のタイミングで投げる球を屈んだ状態で前後左右に体重移動をさせたり、交互に足を出したりスクワットをしながら受け取るというものです。

 

全ての練習において、特に下半身をいじめ抜くようなメニューになっていますが炭谷選手はこれを涼しい顔でこなすことができるそうです。

 

それほどにたくましい太ももであることがわかりますが、この地獄のキャンプを西武入団から13年間受け続けてきたという事ですから本当に凄いですね。

 

下半身がどうして凄いのかわかる気がしますね!

 

スポンサーリンク

巨人の正捕手は?

出典:https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201908190015-spnavi

 

読売ジャイアンツの正捕手争いは、12球団レベルが高く壮絶であると言われています。

 

4年連続盗塁阻止率トップの小林誠司選手、打撃に特化した打てる捕手大城卓三選手、そして経験豊富で安定感のある炭谷銀仁朗選手とそれぞれ違った長所を持っています。

 

このレベルが3選手ともとても高く、捕手が弱いようなチームがあれば3選手とも即正捕手となってもおかしくないスペックを有しているといえます。

 

そして、この3選手の中から読売ジャイアンツの正捕手を決めるとなるととてもむずかしそうで、去年の出場数をみても大きく差がついているわけではなく捕手を固定する事はありませんでした。

 

出場数的には小林選手が最も多く出場していますが、後に控えている炭谷選手の存在も大きいと言われています。

 

若手有望株を育てるにもベテランの後ろ盾があって思い切って首脳陣も起用する事ができているという見方もあるようです。

 

大城卓三選手に至っても、型としては阿部慎之助選手を彷彿とさせるほどに打てる捕手であると期待が寄せられているだけに、やはり誰が正捕手になるのかは悩みどころですね。

 

ともあれ、名捕手というものは強肩、強打やインサイドワーク、リードの全てが秀でている必要性はなく、「チームを勝たせる捕手」が名捕手であると言われていますし、2020年シーズンは誰が正捕手になるか注目したいですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事を簡単にまとめさせていただきます。

 

・炭谷銀仁朗選手の太ももは太く68cmもあるたくましさが凄い!

 

・西武時代から地獄の捕手強化キャンプを乗り越え、今ではそのメニューを涼しい顔してこなすことができるほどに強靭です。

 

・巨人の正捕手争いから目が離せませんね!

 

端的にいうと、炭谷銀仁朗選手の太ももがとても太く、たくましいという事が話題になっているという事です。

 

グラビアアイドルのウエストと同じくらいって、足に人が2人ついているというようにいいかえるとさらに凄さが増しますね!

 

その太ももから繰り出される安定感のある守備力は、炭谷選手のプロの経験と相まって首脳陣からは絶大な信頼感を受けています。

 

この武器を野球に活かして2020年度の活躍に期待したいですね!

巨人戦の視聴をするなら!!

巨人戦の試合がネットで視聴出来ます。

外出先でも巨人戦を見たいなら!!

おすすめを紹介します。

巨人戦をネットで視聴してみよう クリックで移動!!

スポンサーリンク