吉川尚輝の高校時代の活躍のまとめ。

巨人戦の視聴をするなら!!

巨人戦の試合がネットで視聴出来ます。

外出先でも巨人戦を見たいなら!!

おすすめを紹介します。

巨人戦をネットで視聴してみよう クリックで移動!!

吉川尚輝選手は高校時代にどんな活躍をしていたか気になりますね。

 

吉川尚輝選手は読売ジャイアンツに所属する選手で持ち前の俊足や華麗な守備力、打撃力を活かし2019年シーズンではジャイアンツの開幕ダッシュに大いに貢献しました。

 

そんな吉川選手は2016年のドラフトの外れ外れ1位としてジャイアンツに入団しましたが、中京学院大学での岐阜学生初Vを獲得するなどの活躍が評価されていました。

 

入団当初から三拍子揃ったマルチプレイヤーとして期待され、見事にその期待通りの活躍を見せていると言っても過言ではありません。

 

大学野球では大活躍を見せていた吉川尚輝選手ですが、高校時代はどんな活躍を見せていたかとても気に調べてまいりましたのでご紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

吉川尚輝の出身高校

吉川尚輝選手の出身高校は岐阜県瑞浪市にある「中京高校」で、中京高校時代には1年生の夏からサードのレギュラーで出場し結果を残しています。

 

同年の秋からショートにポジション転向しています。

 

内野の中でも1位、2位を争うほど難しいポジションを1年生から任されるという事は凄いですね。

 

高校入学時点でのそのポテンシャルの高さが伺えますね!

 

さらに、中京高校と言えば愛知・中京高校がとても有名ですがそことは違い、吉川選手の母校は岐阜・中京高校校(中京学院大学付属中京高等学校)になり、プロ野球選手も多く輩出している名門高校でもあります。

 

有名選手の中には、今もプロ野球、ソフトバンクホークスでも活躍を見せている松田亘浩選手や広島カープの菊池涼介選手などがおり、吉川選手と母校が同じという事になります。

 

スポンサーリンク

吉川尚輝の高校時代の活躍

出典:https://www.hb-nippon.com/gifu/report/550-hb-gifu-game2010/7031-0100925001?page=2

 

吉川尚輝選手は1年生時から内野のレギュラーを任されるほどに、すでに入学当初から活躍をしていましたが、残念ながら甲子園出場は叶わず高校の3年間で県の4強止まりで甲子園の土を踏むことはできませんでした

 

甲子園で吉川選手自身の魅力をアピールする機会に恵まれなかったというのもあってか、高校生時にはドラフトで指名されることはありませんでした

 

高校入学1年目からレギュラーを張る事ができ、さらに大学では首位打者、盗塁王、打点王、本塁打王まで獲得する選手にまで成長したことを考えると高校時代にはチームに恵まれなかったか、自身の覚醒が少し遅かったのか?と考えてしまいますね。

 

吉川尚輝選手の高校時代をまとめると内に秘めたるポテンシャルは十分にありましたが、それを存分に発揮する機会に恵まれなかった、まだ成長途中で実力を十分に発揮できなかったという事が言えそうですね。

 

スポンサーリンク

吉川尚輝はなぜ中京高校を選んだのか?

出典:https://full-swing.net/archives/936/

 

吉川尚輝選手は中学3年生時に、一度野球を辞めようとしていたそうです。

 

勉強、勉強と言われ野球と勉強との両立が難しく、窮屈さを感じてしまった事から野球を諦めそうになっていましたが、父親が高校野球の夏の予選を見せに行ってあげたそうで何とか踏みとどまったそうです。

 

父親の献身的な擁護もあってか、野球をやめることなく自身の口から「中京高校」に行きたいというまでになったそうです。

 

そこには過去に父親が叶えられなかった、憧れの中京高校のユニフォームを着るという夢をかなえてあげたいという思いや、自身「誰も知らない環境で野球をやりたい」という気持ちがあったそうです。

 

吉川選手は末っ子であまり自分の希望を言わないような子供だったそうですが、この時ばかりは珍しく自分の意見を言った事からも鮮明に覚えているそうです。

 

夏の甲子園での予選を見て野球への想いがさらに強くなったのでしょうね!やっぱり野球は実際に観てその場の空気を感じる楽しみもありますね。

 

今年は新型コロナの蔓延の可能性を危惧されて、オープン戦も無観客試合が行われるなど前代未聞の事態に見舞われているプロ野球ですが、それでも選手には頑張ってもらいたいですね!

 

スポンサーリンク

吉川尚輝選手の魅力は足?

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-00219097-baseballk-base

 

吉川尚輝選手は走攻守三拍子揃ったマルチプレイヤーで、2019年シーズンの途中まで首位打者の座にすわるなど、特に打撃力が魅力的な選手であるという印象が強いですがその足も超一流であった事が言われています

 

入団前から50m走はなんと5秒7を記録するほどの俊足で、大学時代には盗塁王も何度も獲得していることからもその足の速さは高校時代から培われてきた影響が大きいのではないかと感じますね。

 

プロに入ってからもこの俊足を生かして内野安打や、盗塁を決めていることからも吉川選手の魅力はその脚力であるとも言えますね!

 

打撃、走塁、守備とすべてが高い次元で備わっている選手ですから本当にケガが無ければどれだけの成績を残し活躍していたかが本当に楽しみですね!

 

2020年シーズンもケガにだけは気を付けて頑張ってもらいたいと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事を簡単にまとめさせていただきます。

 

・吉川尚輝選手の出身高校は「中京高校(中京学院付属中京高等学校)」です。

 

・高校1年時からサードのレギュラーで出場していた。

 

・高校時代に甲子園での出場、活躍はできなかった。

 

吉川尚輝選手は岐阜県の中京高校になります。

 

かの有名な愛知県・中京高校ほどの大名門校とまでは行きませんが甲子園出場経験もある名門校の一つといえます。

 

高校時代には甲子園出場の夢は叶わず高校生ドラフト会議にも指名されることはありませんでした。

 

この高校野球時代の経験や持ち味が今の吉川選手にしっかりと活かされていることからもその影響は大きかったと考えられますね!

巨人戦の視聴をするなら!!

巨人戦の試合がネットで視聴出来ます。

外出先でも巨人戦を見たいなら!!

おすすめを紹介します。

巨人戦をネットで視聴してみよう クリックで移動!!

スポンサーリンク